闇お金視点を自力で解決することは不可能です

このサイトで繰り返し述べているように、闇稼ぎは違法な貸金組織だ。世界中や自治体への貸金組織としての明示も行っておらず、また利子に関しても法外な高金利を定めています。このため、闇稼ぎと結ぶどういう取り引きも法的制約力をもつものではなくなります。つまり、法的には、闇稼ぎとの取り引きは無効であり、真面目に続ける必要はないということです。

 

そもそも闇稼ぎ組織は、あなたが債務を完済することをあの手この手で阻止してくる。よくあるのが、支払い太陽のプレ告知にわざわざ呼びだしに出ないというものです。プレ告知がないと支払いはできないという整理を通して置き、現にプレ告知太陽として音信不通な状態にしてしまうのです。そうしてその後、プレ告知がなかったために債務が更新された考えを報ずることをしてきます。

 

こういう無茶苦茶なことをやってくるのが闇稼ぎだ。なので、正攻法で債務を立て直すことは出来ないとしてください。代わりにするべきことは、一切の闇稼ぎへの支払いを避け、闇稼ぎを無視するということです。取り引きは無効なのでびた一文払いませんという素振りを貫くことです。

 

但し、これではいそうですかと引き下がるほど闇稼ぎも軽々しくはありません。ゲストってあなたの裏付け人類、そしてあなたの現場まで徹底的な意地悪を通してくる。こういう嫌がらせを受けてもなお、闇稼ぎに対してはっきりな素振りを取り続けるは個人ではどうも耐え難いことです。

 

闇稼ぎの意地悪を止めさせるにはエリートに一助を

では、こういう個人の力では結構に太刀打ちのできない闇稼ぎの意地悪にはどのように戦法すれば済むいのでしょうか。断然効果があるのが、闇稼ぎの環境を熟知したエリートに調停をお願いするということです。から具体的にいうなら弁護士といった裁判書士ですね。弁護士って裁判書士には、闇稼ぎとの愛想を専門として掛かる人類がいるので、その人たちに打ち合わせをください。

 

過去の闇稼ぎとのコミュニケーションの収支から、これらの弁護士や裁判書士は、闇稼ぎの意地悪を止めさせるためにするべきことを熟知しています。単なる掟論ではなく、無法者です闇稼ぎ組織に合わせたネゴ方法の手の内を会得していらっしゃる。法のエリートとしてではなく、対闇稼ぎのエリートとして弁護士や裁判書士を雇うといった感じですね。

 

個人では無性に止めさせることが出来ない闇稼ぎからの意地悪ですが、専門の弁護士や裁判書士がちょっとはたらくだけで驚くほどに静かになります。闇稼ぎはじめオフィスにつき5万円ほどの着手稼ぎはかかってしまいますが、それを補ってあまり生じる効果が弁護士や裁判書士にはあります。

 

今現在、闇稼ぎの苦悩に耐えるならば、独力での解決を諦め、エリートに助力を求めましょう。公正、専門家の救援無してでは、闇稼ぎから解放されることはないとしてください。

 

闇金相談

TOPへ