闇儲けには資金始める引き戻す無用が・・・

闇料金事務所は、その多くが条例で定められた以上の高金利での融通実行を行っている結果、出資法に違反しています。また、世界や行政に経済事務所として商売講じる旨の登記をしていない結果、貸金業法に違反をしています。これらの一連の刑罰条例に触れる実行のために、闇料金事務所が行う一切の融通実行は無効となります。

 

つまり、何とか闇料金事務所から財貨を借りてしまっていても、または返納が滞ってしまい月賦のプライスが増えてしまっていても、条例あとは、闇料金事務所は1円も返済する責務はないということになります。これは、元金についてもだ。元金すら闇料金事務所に返済する不可欠は、条例あとは、ありません。

 

によって具体的に言うと、闇料金から5万円を借りたとして、その5万円すら条例あとは返済する不要ということになります。そのため、いかほど闇料金事務所から返納の催促をされても、それは無視して喜ばしいということです。先方は条例に違反やるわけなので、これに従う必要はないということですね。

 

ただ、闇料金事務所はヤクザなタイプなので、アフターケアが厄介です。なので、穏便に解決するためにも、自ら闇料金事務所といったやりあうのではなく、仲立ちとして弁護士や裁判所書士に入ってもらうようにしましょう。個人では闇料金事務所相手にまともに交渉するのは難しいものがあります。

 

闇料金事務所から借りた元金は踏み倒せる?

「元金を含め一切の返納責務が闇料金事務所について弱い。それならば、借りるだけ借りて元金を踏み倒しちゃえばいいのではないか?」

 

もしかすると、このように策する方もいるかもしれません。但し、こういうロジックは非常に危険です。闇料金事務所を軽々しく見すぎてしまう。あくまで条例上の返納責務がないということであって、闇料金事務所もまたキャラだということを考える必要があります。

 

言うまでもなく、闇料金事務所も収益のためにやっています。そのため、貸すだけ貸して「返しません」と言われたら、メンツ丸潰れも良いところです。先方も損益だけは避けたいので、考えうる限りのありとあらゆる手段を使ってくるでしょう。無法者の会合なので、モラルもクソも弱い方法でぶつかってしまう。

 

己だけでなく、世帯やディーラー、そば住民などにこれでもかと執拗嫌味をするでしょう。損をしてしまっているのだから、先方も本気だ。警察官につかまる崖っぷちになるまで、嫌味という催促を通してくるでしょう。そうして、大抵の個人はこれらの圧に踏ん張れるものではありません。

 

そのため、仲立ちできる弁護士や裁判所書士は、主流、元金のみを返納して手を打つということをするようです。元金示談というものですね。最低でも元金を返納し終わっていれば、闇料金の引き上げ事務所も秘訣を引いてもらえる傾向にあるようです。

 

闇金相談

TOPへ