闇金額の利回りは法外で馬鹿げている

闇フィーは、国や自治体に貸金団体としての書き込みを通じていない財政団体のことです。そのため、利回りについても貸金業法で定められた金利を著しく上回る比率が設定されています。闇フィーの利回りは、一般的に、トイチ、トサン、トゴと呼ばれています。

 

トイチ、トサン、トゴは、相互10お日様で1割、10お日様で3割、10お日様で半分の金利が適用されることです。たとえば、50,000円を借受けた場合は、10お日様後には相互、5,000円、15,000円、25,000円の利回りが付くということです。つまり、10お日様後の返済額は、相互、55,000円、65,000円、75,000円となります。

 

こういう金利の比率を年利にて考えてみると、以下のようになります。

 

単利(軍資金にのみ金利が付く)の場合:

 

トイチ ⇒ 年利365%
トサン ⇒ 年利1095%
トゴ  ⇒ 年利1825%

 

複利(軍資金に金利を加算して行く)の場合:

 

トイチ ⇒ 年利約3400%
トサン ⇒ 年利約164400%
トゴ  ⇒ 年利約327264000%

 

因みに、利回り制約法で決められている年利の最大は20.0%だ。こう考えてみるとどんなに闇フィーが違法な暴利を貪って要るかが分かりますね。正気とは思えない高さの利回りを要求してくるのが闇フィーであり、その出費は相当無理です。「ご利用は計画的に」もクソも薄い国ですね。

 

闇フィーも直ちに出費できれば大丈夫なのでは?

「仮に法外な年利となってしまう闇フィーであっても、借りた10お日様次などにたちまち返済すれば何とかなるんじゃないの?」
「出費お日様までの間に月額お日様があるから、50,000円借りて10お日様後に65,000円戻すのは余裕。」

 

このように感じ取る方もいるかもしれません。まさに財政団体が真っ当な物腰を通してくれば、非合法ではあるものの返済可能な額面ですかもしれません。ただし、客が無法者です闇フィー団体ということを軽く見すぎています。闇フィー団体のもくろみは、あなたに皆済してもらうためはないのです。

 

闇フィー団体にとっては、あなたに貸している日数が長ければ長いほど得になります。直ちに出費されてしまっては出汁がなくなってしまう。そのため、あの手この手として、あなたが出費できないように仕向けてくるのです。人道を相手にしてないのだから何でもありということです。

 

よくあるのが、あれこれと動機をつけて、わざと出費お日様に資金を受け取らないというものです。そうして、ダラダラで分割払いを受けた側に役目をなすりつけ、借入の額面を増やしてしまう。文字通りヤクザなスキームですね。そもそも皆済させる考えなど無く、出来るだけ長くゆするこそが闇フィーのもくろみなのです。闇フィーから借りた時点でとうに詰んでいるね。

 

闇金相談

TOPへ